高カリウム血症とは?原因とその対策法

カリウム

高カリウム血症とはその字の通りに何らかの原因で血液中のカリウムの量が増加してしまうことを言います。

 

細胞の中に人間の大部分のカリウムが存在しています。細胞の外側にある血液に存在している量はもともとは少ないミネラルです。

 

細胞の内側と外側のバランスを保ってるのですが、このバランスが崩れることで高カリウム血症は起こります。高カリウム血症は電解質異常症の一種で、細胞が上手く働けない状態になってしまいます。

 

高カリウム血症の症状

高カリウム血症とは,原因,対策

高カリウム血症とは血液中のカリウム濃度が5.5mEql以上のことを言います。症状は軽度の場合にはほとんどありませんが中度以上になると

  • 吐き気や嘔吐などの胃腸系の症状
  • しびれや知覚過敏
  • 脱力などの筋肉や神経系の症状
  • 不整脈

なども現れてきます。血液中のカリウム濃度が7~8Eql以上の重度になってしまうと、最悪の場合には心停止を引き起こす危険性があります。

高カリウム血症の4つの原因
カリウムを多く含んだ食品の過剰摂取
カリウムを含んだ薬剤の内服での投与
インスリンの不足などで細胞内のカリウムが血液の酸性化や循環不全などによって血液中に流れ出たもの
腎臓のカリウム排せつの障害

 

高カリウム血症の治療法

高カリウム血症とは,原因,対策

高カリウム血症とは血液中のカリウムが増えすぎていることが原因で起こるので、対策としては血液中のカリウムの量を少なくするというものになります。

 

しかし、カリウムを多く含んだものを食べ過ぎたというもの以外はまずは病気の治療を優先で行いながら、高カリウム血症の治療も行います。基本的には有効な治療薬はないので症状を緩和していくという治療法になります。

 

具体的な治療法としては食事でのカリウム摂取の制限を行いイオン交換樹脂製剤でカリウムの体内への吸収を抑えます。
それと同時に利尿剤を使用してカリウムを尿として排出する治療も同時に行われます。

 

他にもホルモン薬の投与なども行われます。
重度の高カリウム血症の患者の場合には重曹を投与して酸性に傾いてしまっている血液を中和していきます。

 

カリウム

>>効果とコストと成分で選んだおすすめのカリウムサプリメント総合ランキングはこちら<<

高カリウム血症の4つの原因を解明!対策と治療法を徹底調査 <関連ページ>

腎臓病になるとカリウムの尿排泄が難しくなる
腎臓は人間の体内で、老廃物を濾過して尿を作るという重要な働きをしています。 腎臓に障害があると、カリウムの尿排泄が難しくなり、体内に蓄積されていってしまいます。 そうなると、不整脈や突然死の危険性が出てきます。 腎臓病を早期に発見する方法や、腎臓病の治療法、食事療法とカリウム摂取の関係などについて解説していきます。